本の話⑩『宮澤賢治の世界』

『宮澤賢治の世界』(筑摩書房)  どのような根拠で「澤」が使われたのかは良くわからない。普通は「沢」である。もしかして戸籍謄本に宮澤と記載されているのかもしれない。あるいは戦前の旧字体の流れを汲んだだけかもしれない。 そ … 続きを読む 本の話⑩『宮澤賢治の世界』