「重々無尽」「重々無尽」

いつの間にか自分の言葉のように使っているが、どこで出会ったのだろうかと思っていたら、ありました、2005年に買った文庫本『十六の話』(司馬遼太郞著、中公文庫)の「華厳をめぐる話」の項。以下に引用します。   … […]

「友よ、よく覚えておけ、悪い草も悪い人間もない。育てる者が悪いだけだ」「友よ、よく覚えておけ、悪い草も悪い人間もない。育てる者が悪いだけだ」

「友よ、よく覚えておけ、悪い草も悪い人間もない。育てる者が悪いだけだ」(ヴィクトル・ユゴー「レ・ミゼラブル」) 映画〈レ・ ミゼラブル〉(2019仏 /監督ラジ・リ )の終幕にこの言葉がテロップで引用される。ここに登場す […]

今日の雑感(2020.7.5)今日の雑感(2020.7.5)

雨降りが必要なことはわかっていても、雨の日が嬉しいと思う人は少数派ではないか。歌でみると「雨が降ります雨が降る 迎えに行きたし傘はなし…」他、暗い歌が多い。例外的に明るいのが「あめあめ降れ降れ母さんと 蛇の目でお迎え嬉しいな 」、とくにこのあとのオノマトペ「ピッチピッチ、チャップチャップ、ランランラン」は秀逸。[...]

今日の雑感(2020.6.28)今日の雑感(2020.6.28)

久しく「積んどくDVD」と化していた〈エレクトラ〉と〈ナクソスのアリアドネ〉に目を通した。観劇した、というほどの見方ではなく、歌を聴きつつ字幕を見つつ、かつスコアをめくる、というとても慌ただしい見方。いずれもリヒャルト・シュトラウス作。僕が作品から受け取った情報は全体の1/10に満たないだろうけど、それでも作品の大きさ凄さ面白さが伝わってくる。[...]