ヨーロッパ一人旅①

当時のボク

30代中頃、1977年にグランプリをいただいた作曲コンクールの審査を頼まれジュネーブへ。頃は秋口の10月。
コンクール審査のあと、M君夫妻の住むフランクフルトへ。二晩ほど泊めてもらう。市場に同行し買い物。柿をKAKIと表記して売っていて、妙に感動。その晩はオリーブの実を詰めた鴨の丸焼きをご馳走になった。美味❗
その後再び車中の人となりH君の住むウィーンへ。10日ほど泊めてもらい、夜な夜なオペラ三昧。まことに贅沢な楽しみですが、毎晩8時から11時過ぎまでなので結構疲れるのです。帰ってからはH君と延々とオペラ談義。青春真っ只中ですね(笑)。