男の料理男の料理

気楽に焼鳥屋や居酒屋の暖簾をくぐるわけにもいかない昨今、いきおい自ら包丁を握ることがグッと増えましたね。もとより台所に立つのは嫌いじゃない。男子厨房に入らず、の逆ですな。おかげで鯛の三枚下ろしくらいはなんとかできるように […]

猫ミニエッセイ猫ミニエッセイ

家人と猫の会話 「ミミっ、お水飲む⁉️お水❗」 「にゃ~、にゃ~」 「焼きかつお食べる⁉️おやつよ❗」 「にゃ~、にゃ~」 なにを問うても、にゃ~にゃ~なのでありますが、会話が成り立っているように聞こえてくるから不思議です。我が愛猫ミミもそれに応えるように行動したりする。

超久々の出張旅行③ 第27回賢順記念全国箏曲コンクール超久々の出張旅行③ 第27回賢順記念全国箏曲コンクール

その3日目は久留米での第27回賢順記念全国箏曲コンクールの審査。実にいろいろな曲と演奏を聴いたが、中でも断トツに佳いと思ったのが大川義秋君の自作の演奏。まさに「自分の音楽」そのもので、実にセンスィティヴな、風格を感じさせ […]

車中での雑感車中での雑感

アリストテレス曰く、物事を伝える時の大事な三つの要素は、①ロゴス=論理、②エトス=信頼、③パトス=共感、であるとのこと。科学的事実による論理的説得が効を奏さない理由はここにある、という小論を読んだ。であれば、原発問題、温 […]

日本歌曲協会
第十五回記念 邦楽器とともに日本歌曲協会
第十五回記念 邦楽器とともに

日本歌曲協会主催「第十五回記念 邦楽器とともに 誕生百年!十七絃の響きにのせて」 このような演奏会が十月二十九日東京文化会館小ホールにて開催された。僕の初演曲は謡曲の「敦盛」をもとにした《敦盛・直実 ーテノール、バリトン、箏、十七絃、篠笛のためにー》というもの。演奏者の皆さんの多大な共感と御努力・実力で幽玄の世界が生まれ変わる素晴らしい初演となった。